DHAとEPA

二日酔いに効くのはセサミン?ウコン?

社会人になると、自分の意思とは別にアルコールを飲む機会も増えるものです。
たまに飲むのであればまだしも、お酒の席が続くような時は体にも肝臓にも負担がかかってくるでしょう。
また、多くの人が経験している二日酔いも、本当に気分が悪いものです。

二日酔いは、アルコールを飲むことで直接起きていると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは少し違います。
体内で吸収されたアルコールが肝臓まで届くと、そこで分解され代謝されるのですが、その最中にアセトアルデヒドという名前の物質が出てきます。
これが、あの不快な二日酔いの症状を引き起こしているのです。
アセトアルデヒドを、速やかに体の外に出してくれる働きをするのが胆汁。
この胆汁の分泌を促してくれるのが、クルクミンと呼ばれるものなのですが、クルクミンが多く含まれているのがあの「ウコン」なのです。
その為、二日酔い対策としてウコンが選ばれているのです。

また、二日酔い対策としてもう一つ紹介したいのが「セサミン」です。
セサミンはゴマの中に含まれている成分、で、肝臓を守ってくれる働きがあります。
アルコール分解を促進し、弱った肝臓に効いてくれるのです。
また、肝臓は活性酸素を多く発生させる臓器でもあります。
セサミンには優れた抗酸化作用があるとされているのですが、肝臓まで届きダイレクトに働きかけてくれるメリットがあるのは、このセサミンだけだと言われています。
無駄なく、肝臓を労わってくれるうということです。
セサミンであれば、二日酔い対策ができることはもちろんですが、肝臓の機能をアップさせてくれるメリットもありますので、アルコールをよく飲む人もそうでない人にもお勧めなのです。

肝臓は要と言われています。
ところがお疲れの方も少なくありません。
二日酔いの辛さも肝臓ケアも、セサミンで行ってみてはいかがでしょうか?毎朝すっきりと起きることができたら、やっぱり良いと感じる要素ばかりですね。
またこちらのセサミンとゴマの効果効能についても参考にご覧ください。