DHAとEPA

セサミンでアルコール代謝を促進

お酒が飲めると、人生は2倍楽しくなるなどと先輩方から聞くこともあります。
美味しい料理に美味しいお酒を味わう時間。
そこに、気の置けない仲間や大切な人がいたりすれば、これ以上ない幸せな時間を過ごせるものです。
人生には、そんな時間が確かに必要です。
しかし、飲み過ぎは禁物。
せっかくの美味しいお酒も、体に害になってしまえば残念です。
それに、社会人になれば会社のお付き合いなどでもお酒を飲む機会が増えるものです。
続くこともあるかもしれません。
そんな時、想像以上に体や肝臓に負担をかけている可能性もあります。

セサミンは、肝機能を上げる働きも期待できる成分です。
血液の中のアルコール分解を促進してくれますから、あの嫌な二日酔いを防ぐことができます。
また、更にアルコールが分解されてできる「アセトアルデヒド」も分解してくれます。
アセトアルデヒドは有害物質。
これが体の中にあると、二日酔いの様々な症状が現れてしまいます。
セサミンなら、アルコールの分解はもちろん、アセトアルデヒドをも分解することができますので、強力な二日酔い対策ができます。
飲んだ翌日の朝に感じるあの吐き気や気持ち悪さ、頭痛などを引き起こす二日酔いを、セサミンが予防してくれるのです。

二日酔いの状態では、良い仕事をすることはできません。
何より、一日中調子が悪いまま過ごすのはやはり損だと言えるでしょう。
とは言え、断りにくいお酒の席もあるもお。
ですから、いかに上手に肝臓をケアして、お酒が次の日に残らないようにするかがポイントだと言えそうです。

抗酸化物質は色々ありますが、肝臓にまでしっかり届いて働きかけるのはセサミンだけだと言われています。
肝臓自体の機能を上げることにも繋がりますので、お酒を飲む飲まないに関係なくお勧めなのです。
年末年始は、特にお酒を飲む機会が多くなる時期でもあります。
楽しいお酒が飲めるように、早めにケアを始めてみてはいかがでしょうか?
セサミンのサプリメントについても参考にご覧ください。